これヤバイ!コスパ最強で全然におわないオムツの捨て方見つけた!
 記事1-1
くっさ~いオムツごみのにおいに悩んだ私が見つけた、簡単にオムツごみを処理できるのに全くといっていいほどにおわない、おむつ専用ゴミ箱よりコスパのいいオムツの捨て方をご紹介します。

◆使用済みオムツは時間が経つとめっちゃくさい
きちんとゴミ箱に入れたはずなのにゴミ箱からオムツのにおいが漏れ出して「くっさ!」ってなったことありませんか?きちんと蓋を閉めているはずなのにオムツのにおいって漏れ出してきますよね。外から来た人は玄関開けた瞬間に「この家赤ちゃんいるな」って絶対なってると思う。

▽使用済みオムツが臭くなる原因を調べてみた

記事1-2

ではなぜオムツのにおいが部屋に充満するほど臭ってしまうのか、それはオムツの中の尿に含まれる雑菌がおしっこを栄養にして大量に増殖することに加えて、その雑菌の生命活動の副産物として尿臭の原因になる物質を生み出すから(腐敗尿臭)なんだそうです。この雑菌による酵素分解が始まると時間の経過に合わせてあのくっさ~い刺激臭が増産されて私たちのよく知る「激くさオムツ」になるそうです。

完成_発生のメカニズム1~2
完成_発生のメカニズム3


▽オムツ用ゴミ箱を用意していてもにおいが漏れる
記事1-3
じゃあ普通のゴミ箱ではなく蓋が付いたタイプの密閉できるゴミ箱を使おう!と思って密封式のゴミ箱を使ってみても意外とオムツのにおいって漏れ出すんですよね~。「蓋がついているのに何故!!」においを漏らさないようにポリ袋に入れてみたり様々な捨て方を試してはみましたが、なかなかオムツのにおいを無くすのは難しいです。





▽おむつ専用ゴミ箱は意外とコスパが悪い

記事1-4
じゃあおむつ専用ゴミ箱はどうなのかといいますと、おむつ専用ゴミ箱は確かににおいは防げます。普通のゴミ箱や蓋つきのゴミ箱と比較すると確かににおいを感じにくいです。デメリットとしては「思っていたより維持費が高い」という点ですね。カートリッジ式のものは確かににおいはしないんですがおむつ専用ゴミ箱の本体が高いうえに専用カートリッジを月1で変えなきゃいけないと思うとちょっとお財布が痛いです。あと、なんだかんだ時間が経つとにおいは漏れてきますね。「やっぱ消耗品かぁ…」というのが素直な感想です。



▽なんといっても一番困るのが出先でのオムツ処理
 記事1-5
出先でのオムツ処理、困ったことはありませんか?ショッピングモールなど大きな商業施設だと最近はベビールームがついているところが多いので特に困らないのですが、ちょっとしたお出かけや駅のトイレなどでオムツの処理に困ったことが多々あります。駅のトイレってオムツ替えの台はあってもオムツ用のゴミ箱がないところって意外と多いんですよ。「このオムツごみはどうしろと?」と思いながらそこらへんのゴミ箱に捨てるわけにもいかずポリ袋に入れてカバンに戻すのですが、これが電車に乗る前とかだともう気分的には最悪ですね。においが漏れているのかな~と思うと早くおりたいな~とか思っちゃいます。

ちなみにずっと入れておくとカバンににおいが付きます……。

▽使用済みオムツのにおいを一切漏らさないアイテム発見!
 記事1-6
そんなオムツのにおいを瞬殺することのできる超おすすめのアイテムがあるんですよ!ママシーラーっていうアイテムなんですけど、これがあればカバンも臭くならないしオムツのにおいも漏れないし、もう最高ですよ。なんといってもうんちっちをされた時も焦ってゴミ箱を探すことなく快適にお出かけすることができます!(ゆるいうんちっちは本当にビビる)しかもサイズ展開があるので家の中でも使えて、におわないので他のゴミと分けずに一緒のゴミ箱に入れることができるので最高です。個人的にとってもお気に入りなのでママシーラーの魅力と使い勝手を紹介したいと思います!



◆ママシーラーっていうアイテムがめちゃめちゃ便利
▽ママシーラーってなに?
 ママシーラー

ママシーラーは簡単に言うと専用の袋にオムツごみを入れてホットシーラーでにおいも中身もまとめて密封しちゃおう!っていうアイテムです。おむつ専用ゴミ箱などは家の中でしか使えないことに比べてママシーラーは外でも使うことができるので出先などでとても重宝するアイテムです。「じゃあ家の中では使えないの?」って思いますよね?家の中でももちろん使えます。むしろ家の中でも外でも使えるので外出用と自宅で使う用のアイテムを分ける必要がないのでとてもコスパがいいです。

▽びっくりするほどオムツゴミがにおわない
 記事1-7
ママシーラーが個人的に気に入っている理由の第一位は「びっくりするほぼどオムツ臭を感じない」という点です。いや、ほんとにびっくりするほどにおいがないんですよ。ポリ袋に入れたりゴミ箱の下のほうに埋め込んだりしても消えなかったオムツのにおいが一切しないんです。嘘だと思う方は騙されたと思って試してみてください。オムツごみのにおわなさにびっくりすると思います。
❝【においをシャットアウト!オムツの廃棄にも。】ジップ式のポリ袋やレジ袋では水分は遮断できますが、におい(気体)は透過してしまうってご存知でしたか?ママシーラーはにおいを通さない完全密封。キムチや漬物などのにおいの強いものをガスバリア性のある専用袋で密閉すれば、冷蔵庫のにおい移りも心配なし。そんな防臭性から、オムツの廃棄でも大活躍。外出先でオムツ交換…なんて時にも、ママシーラーがあればにおいを気にせずオムツを持ち帰れます
(引用:Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07MYWCG8P/ref=cm_sw_em_r_mt_awd )❞

▽食べ物の密封に使われている技術と一緒らしい
 記事1-8
どうしてママシーラーを使ってオムツごみを処理するとオムツ特有のくっさ~いにおいがしなくなるのかというと、ママシーラーの密封の仕方はよくスーパーで見るような市販食品と同じ密封の仕方なんだそうです。私も最初知らなかったんですが、ジップロックではにおいを封じ込めることはできないんですね!要は、においを通さない専用の袋とヒートシールで完全密封、においも中身も漏れ知らずです!

▽コードレスでカバンにポイできる!
 ママシーラー②

けどいくら便利でもカバンに入らなかったり重たかったりしたら意味がありませんよね?ママシーラーは小さめのヘアアイロンくらいのサイズで幅もそんなにないのでママバックやトートバックなどであれば簡単に持ち歩くことができます。専用の袋は折りたためば場所も取りませんし使う分だけ持ち歩けばいいのでとっても便利です。電池式コードレスなのでどこでも使えます。
❝充電式の単三電池(ニッケル水素電池)を4本使用します。(※充電式単三電池は同梱しておりません。)電池式でコンパクトなので、使用場所を選ばず、収納場所にも困りません。本体サイズ幅4cm長さ27cm高さ3cm。電池式ヒートシーラーとして特許出願済。(引用:Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07MYWCG8P/ref=cm_sw_em_r_mt_awd )❞


▽不器用な私でも使えたから多分誰でも使える!
 記事1-9
いくら画期的な商品でも使い方が難しかったら買ったはいいけどお金がもったいないな~なんて思いながら使わなくなってしまう…なんてこともありますよね。(ちょっとでも使いにくいとクローゼットにさよならちゃいますよね~)
けどママシーラーは操作が簡単で機械音痴の人でも簡単に使うことができます!
それに、おむつ専用ゴミ箱と違って、オムツ卒業後にも実はママシーラーはいろんなことに使えるので無駄にならないんです。
もう子供がオムツを使用しなくなった我が家では、子供が食べ残したグミとかチョコとかおせんべいを買った袋のまま再密封するのに使ってます。(オムツに直接触れることはないので不衛生ってわけじゃないので!)これまた外出先でも家でもかなり使えます。

▽ママシーラーの使い方
 ママシーラー③

①ママシーラーの電源を入れます。(30秒程度で使用可能)
②ママシーラー専用袋にオムツを詰め詰めします。
③ママシーラーのサーモラベル(色が変わる)が使用可能になったら専用袋の口の部分をママシーラーで挟みます。(3秒程度)
④袋をもみもみして空気が抜けている感触がなければ完了です。

オムツ封入動画▼




◆ママシーラーの安心ポイント
▽ロックがついているから子供に勝手に使われない
 記事1-10
子供用のアイテムってどうしてもその安全性が気になりますよね。子供って気づいたらいろんなものを引っ張り出してきていて「それどこから持ってきたの!?」なんてこともしょっちゅうです。そんなやんちゃっ子をお持ちの方にもママシーラーは安心して使用することができるのです。ママシーラー本体にはヘアアイロンと同じでロックがついているので勝手にパカパカして遊ぶことができません。

▽電源を消し忘れても大丈夫
 記事1-11
疲れていたりしてママシーラーの電源オフを忘れてしまってもママシーラーには自動電源オフが設定されているので安心です。使用してから約3分程度で勝手に電源がオフになるので電池の無駄使いも防止することができます。ママのことを考えて作られているからこそ本当におすすめなんです。


▽びちゃびちゃオムツも安心してカバンに入れられる
 記事2-2
びっちゃびちゃのオムツって家に持って帰るまでにいろいろと漏れ出してないか心配になることってありませんか?どれだけびちゃびちゃのオムツもママシーラーを使えば中身が密封されて漏れ出す心配もなくオムツ臭もにおわないので安心してお家まで持って帰ることができます。



◆よーく考えたらママシーラーのコスパがやばい
▽ママシーラーの初期投資は高い?安い?
 記事1-13

ママシーラーの初期投資はママシーラー本体とママシーラー専用袋だけです。マンシーラー本体は3,500円(税抜)で専用袋は使う分だけのなので個人的にはカートリッジ式のおむつ専用ゴミ箱に比べると安く感じました。(おむつ専用ゴミ箱は1万を超える物も多いので手が出ない!)

▽計算してみたらコスパめっちゃいい…!
 記事1-14
ママシーラーの専用袋は使う分だけ、と言いましたがどれくらい使ってってどれくらいお金がかかっているのかなーと思って計算してみたところ、Lサイズの専用袋を毎日使ったとして1日当たり23.2円でした!30日で計算すると1か月636円!めちゃめちゃコスパよくないですか?(新生児とかだとオムツを交換する回数が多いので1日2袋くらいは必要かもな~と思います)
※ママシーラー専用袋Lサイズ30枚入り1,160円で計算したものです。
おむつ専用ゴミ箱のカートリッジが1か月2~3,000円程度することを考えるとママシーラーのコスパの良さは家庭の味方です。

▽ママシーラーはオムツに合わせて袋を選べる
 記事1-15
ママシーラーの専用袋はオムツを何枚詰め込むかによってサイズを選べるので用途に合わせて購入することができます。正直に言うとSサイズとLサイズがあれが事足ります。この2種類を買うと間違いなしです。ちょっとした出先に持ち歩く用でSサイズ、家の中のオムツごみのためにLサイズ、といった感じで使うととても使いやすかったです。自宅で使用する際、毎回ヒートシールするのが面倒な場合は、Lサイズの袋にオムツを何個か溜めておいて、寝る前とかにまとめて密封するようにしても、十分効果があります。(前述の通り、特にくさいのは一日以上が経過したオムツ。)

▽ママシーラーの専用袋の値段
 記事1-16

・Sサイズ…30枚入り885円/100枚入り1,380円
ちょうどオムツ1つ分くらいのサイズです。

・Mサイズ…30枚入り780円/50枚入り1,080円/100枚入り1,880円
だいたいオムツが3~4枚詰め込めます。

・Lサイズ…30枚入り860円/50枚入り1,160円
だいたいオムツが5~6枚詰め込めます。


▽お出かけ用なら断然Sがおすすめ!
 _MG_9565
お出かけ用なら断然Sサイズのママシーラー専用袋がおすすめです(左)。オムツを詰め込んだ後もカバンに入りやすいサイズ感で持ち歩きやすいので個人的にお気に入りです。


◆ママシーラーは持ち歩きやすくてにおわないのが高ポイント
 記事1-18
やっぱりママシーラーがおすすめなのはびっくりするほどオムツのにおいを防止できるてしかも誰でもどこでも簡単にオムツごみを処理できるという点です。オムツのにおいで悩んでいるママさんはぜひ試してみてください!